無料ブログはココログ

カウンター

« 亀田興毅よくやった! | トップページ | オープン・ウォーター »

2006年8月 6日 (日)

森のリトルギャング

Photo_41



<映画館で上映中>森のリトルギャング
一昨日、
やっと、
 かき氷、食べました。
味は、
 いちご。
ここんとこ暑いから
 めちゃめちゃうまかった。
今日もめちゃ暑かったですね、
たまらず、また、
 かき氷、食べました。
味は、
 いちご。
わたしの中で
 こおり=いちご
なんです。
昨日、
待ちに待った(笑)、
 森のリトルギャング
観てきました。
これ、予告編を観てけっこう楽しみに
してたんです(ほんとに)。
以前に観たカーズの吹き替え版で、
 吹き替え版って気楽に観れて
  けっこういいな〜

と思ってたので、
今回も吹き替え版にしました。
ら、
......
やっぱり、、
..........
 子どもばっかり!
もう予告編のとき、あっちこっちで
子どもの
 声!声!声!
しかしやっぱり子どもはカワイイですね、
ある子どもは、
予告編で流れる英語の単語を
 真似して復唱してました!
これすごいかわいらしかったです、
で、
 なかなか発音がいい!
んですよー、
今時の子どもはスゴい、
恐れ入りました。
で、ストーリーは、
 アライグマのRJは、でっかいクマのお菓子を
 盗もうとしてバレて、しかもそのお菓子を
 車でぺしゃんこにしてしまう,,,,,
 怒ったクマは、RJに、「オレ様が眠りからさめる
 までに、無くしたお菓子を全部揃えておけ!
 できなければお前を殺す!」と脅されて、
 お菓子を集めようと森の仲間と人間の町へ行って
 難攻不落の人間の家へ侵入を試みる
って感じです。
これは、
やっぱりある程度(?)子ども向けなので
 とてもほのぼのした感じで楽しめました、
主人公のRJは、この手の作品ではお決まりの
 自分勝手キャラです、
が、
それが森の仲間との交流を通じて、
 大切なことを学んで行く
というこれまたお決まりのパターン。
でもこういう作品は
 そうでなくちゃ!
なんたってたくさんの子どもが観るし。
ほのぼのとした作りで、あとはキャラの仕草とかで
笑わせてくれればもう文句ありません(笑)。
キャラの仕草といえば、
やっぱりこの日の子どもも、
 キャラが面白いことするたびに
   きゃあきゃあ笑う

んですよー、楽しそうでいいなあ。
カメの甲羅がぬげちゃって、
お尻丸出しになったらもう
 きゃあきゃあ喜んじゃって(笑)。
あ、つられて私も笑ったような.....
そうこうしてると、
ひじ掛けに乗せてた私の左うでの上に、
 子どもが足のっけてきた〜〜〜!
......
..........
 やりたい放題?
さすがにちらっとその子をみたら、
 きょとんと見つめかえされました。
まあ気にせずスクリーンを観てたら
足ひっこめてくれて、
けど、
ちょっとしたら
 また来た〜足っ!
.....
........
 のびのびできていいね......
ということで、
またなんかへんな紹介の仕方になりましたが、
そんな作品です(どんな!?......)
オススメ度数☆☆☆

« 亀田興毅よくやった! | トップページ | オープン・ウォーター »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101645/2961402

この記事へのトラックバック一覧です: 森のリトルギャング:

« 亀田興毅よくやった! | トップページ | オープン・ウォーター »

最近のトラックバック

2013年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31