無料ブログはココログ

カウンター

« ユナイテッド93 | トップページ | 高山、小旅行 その1 »

2006年8月19日 (土)

笑う大天使(ミカエル)

Photo_44



<映画館で上映中>笑う大天使(ミカエル)
えーと、
また何かよさそうな映画はないかな〜と
探していたら、
 笑う大天使(ミカエル)

??
 なんじゃそりゃ。
ネットの映画紹介を観ると
 なんだかおもしろそ
と思い、
さっそく観てみました。
ストーリーは、
 母子家庭で貧しいけれど、元気に育った主人公、
   司城史緒(しじょう ふみお)。女子高校生。
 が、なんと母さんが死んでしまう、
 その直後、
   「私はあなたの兄かもしれない....」
 と、
 伯爵家のお金持ち美形おぼっちゃまの
 一臣(かずおみ)
が登場する....
 兄弟とういうのは事実で、実は昔、
 史緒が母のお腹にいる時に、
 姑に追い出されていたのです。
 なので、史緒も一臣も、お互いに兄弟がいることは
 知らなかったのです、
 が、先の姑が死ぬ間際に、一臣に
 「おまえにはもう一人、兄弟がいる...」
 と告白して、一臣が史緒を探し当てたのです。
 伯爵家にひき取られた史緒は、
 学校も転校することに....
 転校先は、
  な、なんと、
    超お嬢様学校の
      聖ミカエル学園!

 さっそく登校すると、
 クラスメイトから声をかけられた
  「ごきげんよう」(ニコっ)
 あっちからも
  「ごきげんよう」(ニコっ)
 同じように史緒も、
  「ごきげんよう」(ニコっ)
 .....
 ..........
 うおーーー、わしゃこんな学校いややー!!
   堅苦しくてかなわんわあ〜〜
 なんでアタシがこんなとこに来なアカンのやあ〜〜
 お母ちゃん、あんたが早う死んだせいやでえ〜〜〜(泣)

 ということで、
 ここから史緒のお嬢様学校での奮闘開始!!!
っていう感じです、
これは、
 超有名な名作少女マンガが原作
らしいです。(映画と同名です)
で、
感想ですが.....
......
これ、
 すごい良い!!
   笑えて泣ける、最高の作品です!

まさか、
観る前は、
 まさかここまでいいとは
想像できませんでした。
もう出だしからスクリーンにひき込まれました、
 ちょっとおとぎ話風な映像を挿入していたり
して、
観てて、
 楽しいのなんのって!
観客もよ〜く笑ってましたよ。
またこれが、
楽しいだけでなくって、
 泣ける演出もほどよくブレンドしてる
んです、
こんな演出されたら
 たまりません!
私も笑えて、またまた泣けて泣けて
仕方なかったです。
あ、ところで、
主人公の史緒を演じてる人、
 どっかで観たことあるなあ〜
と思いながら観てて、
パンフレットを読んでわかったんですが、
 上野樹里
って、
なんと、
 映画スイング・ガールズで主演してた彼女
だったのです。
どおりで観たことあるなあ〜と。
今にして思えば、
 スイング・ガールズで主演した彼女に
  ピッタリの映画だなあ〜

と思います、元気よくて(笑)。
今回は髪をショートカットにしてて、
 とてもとてもかわいらしい感じです。
で、
これもパンフみてわかったんですが、
お兄さん役を演じてるのは、
 伊勢谷友介って人、
なんとこの人、
 映画キャシャーン(実写版)で
  キャシャーン演じてた人

らしいんです、
(あ、実写キャシャーンて、宇多田ヒカルの
 ダンナが監督してヒッキーが主題歌歌った作品ね)
キャシャーンはほとんどキャシャーン・スーツと
マスクしてたから、
この人がキャシャーンやってたとは
まったく気づきませんでした、
ただ、
これまた今にして思えば、
 このスラっとしたスタイルの良い人なら
   キャシャーンやってても不思議じゃない

と思いました。
またこのお兄さんが、
 非常にいい味出してました。
あまりに面白かったので、
 帰りにマンガ版「笑う大天使(ミカエル)」を
   買ってしまった.....

まだ半分しか読んでないですけど、
 ん〜〜やっぱりマンガも面白い!
今回の映画は、マンガとはいろいろ変えてあるみたい。
と、
いうことで、
この作品、
久々にめぐりあえた、
 超良質の作品
です、
これもロマンティック・コメディーに
なるのかな?
あ、
学園ロマンティック・コメディーか(笑)
なんにしても最近みた中では
 ダントツ、
   べスト!

みなさん、
予定変更して、
 今すぐ映画館へGOー!!
オススメ度数☆☆☆☆☆

« ユナイテッド93 | トップページ | 高山、小旅行 その1 »

コメント

こんにちはⅴ
やっとうちのブログでも感想をアップしたので、TBさせてもらいました。
私は原作シンパなので、その視点からみると、イマイチという出来ではありましたが…トマトさんは気に入ったみたいですね。
あ、伊勢谷友介ってキャシャーンの人だったんですか。
日本人俳優はほとんど興味がわかないので、見ても気づきませんでした(苦笑)

粉雪さんこんにちわ!TBありがとうございます、粉雪さんの感想読ませていただきました、なるほど原作を先に読んでるとやっぱり映画は多少違和感出るんですね、私も本来は「原作が第一」なんですけど、コレは読んでいなかったのです(イタタ....)。私の場合、映画が先だったので、あまりのインパクトについつい浮かれて最高得点付けてしまった...ですがですが映画はほんとに気に入ってしまい、壁紙ダウンロードして、今、携帯の壁紙にしてあります^^。そうですね、私も日本人俳優ではめずらしく伊勢谷友介がひっかかりました、他に注目選手いないかな^^。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101645/3117875

この記事へのトラックバック一覧です: 笑う大天使(ミカエル):

» 「笑う大天使(ミカエル)」おチキンおラーメン長いこと食べてないな [soramove]
「笑う大天使(ミカエル)」★★★ 上野樹里 、 伊勢谷友介 、 関めぐみ 主演 小田一生 監督、2005年 貧乏で過ごしていた少女が 実は伯爵家の令嬢だった。 伯爵家に移り、 これまでと全く違う生活が始まった。 そして通うは聖ミカエル学園、 お嬢様ばかりが...... [続きを読む]

» 笑う大天使(ミカエル) [粉雪の日々是、映画なり ]
何故結局こちらが先に感想がくるかというと、軽いテイストなため、忘れてしまいそうだ [続きを読む]

« ユナイテッド93 | トップページ | 高山、小旅行 その1 »

最近のトラックバック

2013年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31