無料ブログはココログ

カウンター

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月29日 (金)

007カジノロワイヤル

Photo_80



<映画館で上映中>007カジノロワイヤル
なにかと仕掛けの多い007シリーズ、
今回も
 あり!
敵を追跡して自分の足で突っ走るとこなど、
ありえないような方法/状況判断で
敵を追いつめます。
まあ娯楽映画だからよいですね。
ストーリーは2転/3転、
けっこう長いです。
ハラハラ度は、
....
.......
 まあまあ。
あ、
めちゃめちゃ気に入ったのは、
 オープニングテーマ曲が流れて
  出演者テロップが出るところ。
ここは、
 まず、曲がいい!
   なかなか良いメロディアス・ハードの曲。
 で、
 その曲にのって、
 なんかノスタルジックなアニメ(?)みたいな
 テロップが流れる、
 このアニメみたいなのが、
 な〜んか良いんです。
単純に楽しめるけど、
ちょっと、もうひとつ何かが欲しい感じ。
オススメ度数☆☆〜☆☆☆

2006年12月19日 (火)

アンノウン

Photo_79


<映画館で上映中>アンノウン
ちらほらと映画を観てはいるんですけど、
ゆっくりブログ書く時間が....ない.....
とにかく最近は、
いつにもまして、
テレビを録りまくり、
観まくり。
 年末ですから!
それでも、
ハードディスクがなかなか空かない...
泣。
アンノウン。
大筋は、
 サスペンスで、
  密室倉庫の中で目覚めた5人。
  全員、記憶喪失!
  電話がかかってきて、
  出てみると、
  どうやら、
  誰かが「誘拐犯」で
  誰かが「人質」らしい。
  数時間後に
  犯人の仲間が倉庫にやってくる。
  その時、誰が犯人の仲間で
  誰が人質なのか
   ハッキリする!
というものです。
シチュエーションは最高ですよね。
では、
感想です、
が、
うー、、
 なかなかおもしろかったです。
ほとんど音楽もないのに、
普通に観れた。
欲をいえば、
も〜う少し、
 ひねりが欲しいというか、
疑心暗鬼になって、
相手との駆け引きの部分を
もっと練りにねって演出して欲しかったです。
が、
でもでも面白いですけどね。
オススメ度数☆☆☆

2006年12月 7日 (木)

幸福のスイッチ

Photo_78



<映画館で上映中>幸福のスイッチ
こんにちわ!
またやもや上野樹里の映画です。
「のだめ」もめっちゃおもろいですね。
最近、
京都にかまけていたら、
この映画が始まってるの
 見落としてました!
ストーリーは、
 和歌山県の農村で町の電気屋をやってる
 稲田家。
 儲からない修理や余分な仕事をにこやかに
 引き受ける父、母親はガンで死亡。
 娘が3人。
 21歳の稲田伶(れい)(上野樹里)は、
 そんな父親に反発して東京に出て
 イラストレーターとして就職。
 だが上司から「単なる広告のイラストに
 芸術なんか必要ない!」
 と言われ、
 ブチ切れて1年で退社。
 そこに「姉が危篤、すぐ帰れ」の連絡。
 帰ってみると、
 姉ではなく、父親(沢田研二)が腕と足を骨折して
 入院してた(元気にお客に電話してる)。
 そんなこんなで
 店を手伝うことになった伶。
 ふてくされて「やってらんない!」みたいな伶。
 お店「イナデン」は、父親の親身な営業のおかげで
 地域の人たちと密接につながっている。 
 そんな環境のなか、
 伶は幸福をみつけられるのか?
ってな感じです。
さて、
感想ですが、
これ、
 良い!
うんうん、
 良いよこれ!!
今回、
上野は
 ふてくされキャラ
だけど、
そこは上野の主演作!
やっぱり
 コミカルな演出が多い!
  笑える!
泣けるかというと、
号泣まではいかないけど、
 ジーンと少し泣ける感じ。
うんこれはいい映画だわ。
上野の映画はハズレがない!
これもDVD買お。
みなさんぜひ映画館へダッシュしましょう。
オススメ度数☆☆☆☆☆
あ、12/22ごろに
上野主演の映画「笑う大天使(ミカエル)」発売です。
必ず買います。
みなさんもぜひ。

2006年12月 3日 (日)

カオス

Photo_77

<映画館で上映中>カオス
こんにちわ〜〜、
やっと久しぶりに映画を観ました。
 カオス
これも公開前から気になっていて、
というのも、
 ジェイソン・ステイサムが出てるから!
です。
この人、
 映画トランスポーターシリーズで
 主演してる人
で、
前にもこのビログで書いたけれど、
 声がめちゃくちゃかっこいい!
  ハスキーな渋い声
です。
あとは、
 Tポーターでのマーシャルアーツの
  かっっこよさ
が気に入ってます。
で、
ストーリーは、
 銀行強盗グループ(リーダーはウェズリースナイプス)
 と刑事(Jステイサム)グループの
 駆け引き、の感じで、
 爆破にまぎれて銀行強盗達は逃げたが、
 金庫からは何も盗まれてなかった...
 事件の裏にいろいろとあって、
 真相にせまる!
というものです、
これ、上手く説明できないです...
 (公式サイトを参照お願いします!)
さて、
けっこう期待していたこの作品、
感想は、
....
........
 いまいちやあ〜〜〜。
なんだかわからないけど、
 あんまり面白くない.....
作りとしては、
すごく正当派で、
サスペンスに合う音楽もバッチリ入っていて、
しかも、
大どんでんがえしまで用意されてる、
のに、
なぜか、
 いまいち....
うーー、これはも映画マジックとしか
 いいようがないです(笑)、
私的にとても残念だったのは、
 Jステイサムに、Tポーターでやってた
  マーシャルアーツを期待したのに、
    あんまりそのシーンが無い...
こと。
案の定この映画、
 あまりヒットしてないですね....
オススメ度数☆☆

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

最近のトラックバック

2013年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31